お久しぶりです(^^)/古銭ブログへ訪れてくださり、ありがとうございます♪

埼玉県での埋蔵金の発見、驚きましたね~。

さて今回は、古銭の買取のお話しをしたいと思います。

古銭は「洗ってはいけない」って本当?

さて、古銭コレクターさんの間でよく議論が交わされるのが、「古銭は洗浄するべきなのか」問題。

洗浄した方が文字など読みやすくなりますので、積極的に洗浄される方も勿論おられます♪

さらにコレクションの中で一枚だけくすみ・汚れが激しいとなると見劣りしてしまいますので、コレクションの満足度によっては古銭の洗浄も良いと、僕は思います。
kosen-senjyou

ですが、古銭の買取を検討されているなら、どんなに汚れていても洗わないことをおすすめします!

さらに古銭に詳しくない方であれば、なおさら洗浄は避けることをお勧め致します!!

洗った古銭には最悪、買取価格がつかない!なんてことも十分あり得るのです。

 

どうして古銭を洗ってはいけないの?

古銭の買取価格は、あくまで製造時の状態を保った状態が最高の評価、となります。

例えば古銭について調べていると、美品や並品などの言葉を見かけたことがあるのではないでしょうか。

これが古銭の状態の評価であり、美品であれば価値も高く、並品であれば状態も並、といった感じです。

 

最初に述べた「製造時の状態を保った状態」とは、=洗わない、ということなのです。

古銭を洗浄してしまうと、ほとんど買取価値はなくなってしまいます。製造時の状態からはかけ離れた状態になってしまう為です。

さらに細かい傷もついてしまう可能性が高く、見た目は良くなっても、状態は必ず悪くなるのです。

kosen-senjyou02

古銭を買取に出し、「これは磨いた方が再販できる」といった場合は、業者側で専用のクリーニングを行うようになっています。

 

また、空気に触れると酸化してしまい見た目の劣化に繋がりますので、古銭を綺麗に保存しておきたい場合、専用のコインホルダーがあるとベストです。

その中に封入して空気に触れさせないようにすることで、古銭の見た目を綺麗に保つことが可能です。